No English No Life

Written by Gaku Hanabusa

外銀で18年勤務した僕がオススメする英会話が上達するトレーニング
英語学習に関する基本的な考え方
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【英語学習者の心得】英語学習者や子供に英語を習わせたい親へのアドバイス

皆さんこんにちは、英学です。

f:id:gakuhan:20200124135813j:plain

 

 

英語学習で一番大切なことは、学習者の能動力「ヤル気」です。

 

だから英語学校や英会話教室選びの時もこの「やる気」を引き出してくれるような講師やコーチかどうかを見極めるといいと思います。

 

英語学習は「教えてもらう」ものではなく「学ぶ」もの。「受動的」なものではなく「能動的」なものだということをまずは理解しましょう。

 

講師やコーチの役割は生徒の学習についての進捗管理モチベーションの管理だと思っています。アクティブラーニングのサポートをすることが一番の役割だと思います。

 

教科書や参考書よりはるかに多くの情報を得ることのできるPCもスマートフォンもある世の中になったのに、なんで自分で勉強できないのでしょうか?

 

これは「教える」人や教えるスキルが不足しているのではなく、単に英語学習者のモチベーションの問題だと思います。

 

経歴を見て頂ければ分かりますが、僕は米・英・仏の金融機関という実社会で約20年間英語で仕事をしてきました。英語を使って職務を遂行し、努力した経験は英語学習者やこれから子供たちに英語を学ばせようとしている親たちに対して説得力があり、心をつかむ内容を発信することができると確信しています。

 

英語学習は努力を裏切りません。だから「楽しい!」と感じるのです。

 

成長を感じることが出来るからやりがいを感じられるのです。

 

英語は楽器の演奏やスポーツの上達に似ています。

 

毎日繰り返し練習すれば誰でも確実にできるようになります。逆にどんな上級者でも日々のトレーニングをさぼると身についたスキルはみるみる落ちてしまいます。

 

英語は学校や塾などで授業を受けて一生懸命宿題をしても、それだけでは「読む」「聞く」「書く」「話す」4技能全てのスキルは身に付きません。受験のためだけならそれでいいかも知れませんが、それだけでは費やした時間とお金があまりにももったいないです。

 

僕は英語学習者の皆さんがグローバルな舞台で通用し、生涯を通じて自分自身の助けとなる一生モノの英語力が身につくことを目指しています。

 

 

英語(外国語)が日本語(母国語)を上回ることはない

 

第二言語として英語を学ぶときには母国語の力が助けになります。我々日本人は日本語で自分の意見や考えを不自由なく適切に表現することができますよね。そして日本語で色々な知識を吸収し、教養を身につけることも可能です。英語でも全く同じ感じでそのようなことをすることがが可能でしょうか?

 

よほど完璧なバイリンガルの人じゃないと難しいですよね。

 

ほとんどの日本人の思考力や知識を吸収する力は日本語を使っている時が最も強く、知識の理解や表現力も英語を使っている時に勝ります。

 

英語で何かを伝えるためには、まずある程度日本語 で知識を吸収し、教養を高めておくとコミュニケーションに深みが増します。そのため英語のスキルを身につけることと同時に外国人と交流する際に必要とされる会話の中身の部分(教養)を身につけることがとても大切です。

 

外国人と交流する際に必要とされる知識や教養を教えてくれるような英語教室や英会話学校は多くはないと思うので、このブログやYouTubeで伝えているので参考になると思います。

 

英語のスキルと共に教養を身につける

 

欧米人は教養の高さや自国文化への理解などで人の信頼度を評価するところがあります。たとえ英語が流暢でなくても、教養に裏付けられた言葉づかいで内容のある話をすることが出来れば国際社会で高く評価されます。

 

英語圏の人たちはノンネイティブの話す英語に慣れています。特にアメリカやイギリスなど英語を母国語とする国の大都市ほど様々な人種の人が色々な英語を話しているので、英語の流暢さよりも中身を重要視します。

 

そしてそのような人たち同士との会話には国際情勢や社会変化など世の中で起きていることなどや生活様式や食習慣の違いなどから色々な国や地域の歴史や文化などに話が及ぶことも少なくありません。

 

だからこそ僕は単に英語を教えるだけでなく、海外で起きている時事的な事柄や日本国内の文化、風習、習慣などへの理解を深めることが英語学習を続けるモチベーションになると思っています。

 

英語はきれいな発音より発声(音読)することが大事

 

発音が帰国子女が話す英語のようにきれいでペラペラだけど文法があやしい人と、発音が滑らかでなくリスニングもあやしいけれど和文英訳がきちんと出来る人とではどちらがいいでしょうか?

 

和文英訳がきちんと出来る人の方が確実に英語が話せるようになり、リスニングも上達するでしょう。書くことができれば話すことはできるからです。でも話すことができても書くことができるとは言い切れません。

 

きちんとした文章を書くことが出来ないということは、表現したい内容を文章の形で組み立てられないということです。この状態だといくら会話の練習をして、ネイティブの英語に触れても、英語を話せるようになるには難しいでしょう。

 

話せるようになるために書ける能力をつける必要があります。文章を書くことは、単語を文法という規則に従って配置することです。英会話力は英作文力に裏打ちされているということです。英作文力は質のいい英文を沢山インプットすることである程度身につきます。そのためには繰り返し音読することが最も効果的です。

 

 

 

音読を繰り返すことで「目」「口」「耳」「指」で英語能力を伸ばす

 

語学は楽器の演奏やスポーツの上達と同じように基本となるルールを身につけることが大切です。そのためには模倣と反復という地道な音読練習が欠かせません。「分かる」が「出来る」状態に代わるまで反復を行い、英語を外国語として習得するためには絶えず磨きをかける必要があります。

 

英語学習において最も大切なのは「音声」です。英語の音を脳に刷り込むためには自分自身で英語の音を何度も声に出すことによって深く確実に定着していきます。そのうえでリスニングを意識的に行うと効果は一段と高まります。

 

英語力は日本語の力を超えることはない

 

変なふうに聞こえるかも知れませんが、日本語を和訳する力も大切です。日本語を可能な限り簡単な言葉に置き換えることでより英訳がしやすくなるからです。日本人が第二言語として英語をのスキルを習得するためには日本語がデキる必要があるということです。

 

これはコミュニケーションスキルやヒューマンスキルといったものにも関係するものだと思います。

 

英語は日本語の文章と違って厳格な形式に従って、論理的な文章を書くことが求められます。通常は「主張→理由→結論」といった順序で英語の文章は書かれています。

 

英語では国際社会で要求される自己表現力や論理的思考力を簡潔に且つ直接的に伝えることが要求されます。こうした英語の文章(エッセイ)を書くためには基本的な文法力や語彙力が試されます。

 

そのためにまずは短い文章で和文英訳を正しくできるようになることが重要です。これこそが英作文力を養う基礎となります。

 

そして英語で長文を書くためには、日本、環境、科学、政治・経済、医療、比較文化、教育などの様々なテーマについて自分の意見を持つことが欠かせません。このようのことを普段から意識していないといざ外国人と英語で話す機会が訪れても内容のない会話を繰り返すことになってしまいます。

 

母国語と外国語の学習方法の本質的な違い

 

日本語と英語の間を行ったり来たりする能力(言語操作能力)を向上させることは英語学習の醍醐味でもあります。普段無意識に使っている日本語にも修正が加わることもあるので、改めて自分の言語力や思考力を鍛えることが出来ます。

 

よく英語学校や英会話教室でネイティブの先生が英語を英語で教えているケースもありますが、英語学習初級者には多くの効果は期待出来ないと思います。

 

日本語と英語とでは語彙・音韻・文構造などが全く違うので、日本人が英語で英語を理解するようになるには、ある程度英語のスキルを習得した後でないとなかなか難しいと思います。

 

外国語を習得するためには言語の仕組みを知る必要があります。日本語は母国語なのでその仕組みは意識されることなく身につきます。でも英語の場合はその仕組みを意識的に身につけなければならない側面もあるので、特に初級・中級の英語学習者には英語を第二言語として習得した経験のある講師が適していると思います。

 

インプットとアウトプットのバランス

 

英語の音声に従って良質なインプットを継続し、アウトプットの水準を高めていくことが英語学習にはとても効果的です。これまで日本で行われてきた一般的な英語教育はアウトプットにあまり重きを置いてこなかったと思います。中高6年間も英語の授業を受けているのにしゃべれるようにならないのは、使える英語を身につけるように教育されてきていないからです。

 

だからこそ「書く力」と「話す力」を強化し、アウトプットに重点を置かないと「使える英語」は身につきません。このバランスが良くないと長期間英語を勉強しても本当の英語力のスキルはなかなか上達しないと思います。

 

 子供に英語を習わせたい保護者の方へ

 

「自分の子供にも本物の英語を授けたい。」ある最近の調査によると、99%の保護者はそのように思っているようです。

 

10代は人生の土台、基礎となる思考や知識、価値観が形成されるとても大切な時期です。皆さんの大切なお子さんが過ごす時間を今一度考えてみて下さい。

 

英語力という武器を習得することで、受験勉強や試験勉強という単なる語学学習という域を超えて、お子さんの人生の幸福度や自由度が将来にわたって高まります。

 

そして英語を身につけず活躍の場を日本だけに限定している多くの人が持ち合わせていないような幅広い知識や教養、国際感覚を身につけることで物理的にも精神的にもより豊かな人生を送ることができると思います。

 

まずはタダで英語を学んでみたいと思う方はこちらの記事をどうぞ↓↓

www.blogblog.life

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。