No English No Life

Written by Gaku Hanabusa

外銀で18年勤務した僕がオススメする英会話が上達するトレーニング
英語学習に関する基本的な考え方
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【海外経験なしの初心者必見!】英語を好きになるためにやった方がいい3つのこと

皆さんこんにちは、英学です。

f:id:gakuhan:20200113211259j:plain

 

僕はこの記事を読もうとしてくれている皆さんと同じように英語初心者だった頃は海外経験はありませんでした。

 

そのような時に「これからどうやって英語の勉強を続けていこう?」と悩みこんでしまうことがありました。

 

英語を学習する人の全てが留学したり、ホームステイが出来きるわけではありません。逆に海外経験がなかったとしても英語のスキルを身につけることも可能です。

 

自分がまだ英語学習初心者だった頃に英語の勉強を続けられなくなりそうな時に考えたことは、英語をより好きになることでした。

 

「英語の勉強をどうやって始めたらいいか分からない」とか、「英語を勉強するのが嫌になった」ら、英語をより好きになるようにして下さい。

 

人は誰でも好きなことに夢中になる傾向があります。好きなことであれば食べることも忘れ、寝る時間も惜しんで没頭することってありますよね。

 

英語学習は継続が必要です。途中で学習を中断してしまうと単語を忘れたり、読むスピードが落ちたり、聞き取れていたリスニングも聞き取りづらくなったりしてしまいます。

 

一度始めたらとても長い付き合いになることを考えたらなるべく好きになること、好きでいることがとても重要なのです。

 

この記事では、日本生まれ、日本育ち、純ジャパの僕が海外経験がほとんどない状態の中、独学で英語を勉強して、大学時代にTOEIC980、TOEFL650をクリアするまでに実践した英語を好きになるためにやった3つのことを簡潔に分かりやすくお伝えします。

 

この記事で説明する3つのことを実践するようにすればきっと英語がより好きになると思います。もし苦手意識を持っているのであれば、そのようなイメージはかなりなくなり、英語学習に対するハードルが下がるのではないでしょうか?

 

それでは早速1つずつ説明していきます。

 

【目次】

 

英語を好きになるためにやった方がいいこと 1: ナマの英語の音に触れる

 

英語のスキルを身につけようと必死になっていた学生の頃、僕は学校の英語のテストの成績や英検合格などの勉強に一生懸命でした。成長が感じられる時はいいのですが、そうではない時の方が長いものです。

 

テストの成績を良くするためにする勉強だけでは行き詰まってしまうものです。そこでどうにか楽しくリラックスして英語の勉強が出来ないかと考えました。

 

その当時は今ほどあまり英語の教材はなく参考書のようなものがほとんどだったのですが、単調な英語学習に変化をつけるために洋画を観たり、英語の絵本を読んでみることを取り入れました。

 

その時していた試験用の勉強の直接的な支えになったとは思えませんでしたが、映画を観てセリフが聞き取れたり、絵本を読んで学校の教科書や英検の問題集などには出てこないようなアカデミックではない簡単で日常的な内容が理解出来ないことに衝撃を受けました。

 

その経験からまず英語初心者の方には、生きた英語が学べる音声付きの教材を使って英語を音で親しむことをオススメします。

 

具体的にはNHKのラジオ英会話」「つぶやき英語トレーニング」などです。

 

英語教材についている音声をテキストを見ながら沢山聞いて、何を話しているのかを理解しましょう。沢山の文章を読んで、それを耳で聞き慣らし、繰り返し音読することで徐々に上達していくので段々英語が好きになっていきます。

 

このような小さな成功体験を積み重ねることで英語を少しずつ好きになることはとても大切です。

 

そしてこのような日常的な内容で音声中心の学習を継続したら、テレビはなるべく海外ドラマを英語で観るようにしましょう。気軽に聞き流せるようなものでいいと思います。とにかく沢山聞いて耳を英語に慣れさせるようにしましょう。

 

英語の漫画を読んだり、YouTubeで好きな俳優さんやモデルさんのインタビューを見るのもとてもいいと思います。

 

まずは耳を英語の音に慣らして英語のインプット量を増やさないと、英語は上達しないので積極的に多聴を心がけて下さい。

 

アカデミックなお堅い内容に行き詰まったらエンタメ教材で自分の好きな英語環境を作り英語を自分の方に引き寄せしょう。

 

 

英語を好きになるためにやった方がいいこと  2: 外国人と話す機会を増やす

 

生きた英語にある程度耳が慣れてくると実際に通じるのかを確かめるために使ってみたくなりますよね。最近は昔と違い、とても低価格でオンライン英会話などで外国人と話すことが出来るようになったので、このようなネットサービスを積極的に使わない手はないと思います。

 

出かける支度をしてカフェや教室に行って知らない外国人講師と会う不安もないのでオンラインサービスだと余計なストレスがほぼありません。

 

初めは緊張していたりするので全然話せないんじゃないかと不安に思ったりするかもし知れませんが、英語教材のCDを聞いたり海外ドラマを観たりして自分で覚えた英語を使って言葉が通じる瞬間は、英会話の楽しさを改めて感じることが出来るでしょう。

僕も覚えたフレーズとかが「通じてる!」というちょっとした感動がいまだにあるので、独学で英語を習得した人ならではの幸福感だと思って楽しんでいます。

あのプチ感動があるからもっと沢山英語を覚えて、スムーズに楽しく英語で会話できるようになりたいと思うモチベーションになっています。

 

同時に、「本当はもっと話したいことがあるのに上手く言えない」という苦悩も未だに消えることはありません。でもそんな悔しい気持ちもまたモチベーションになるのです。そしてもっと英語が上手く話せるようになりたいという気持ちは自分の中で続いていくのです。

 

日本人は英語を話すことに関して完璧主義的なところがあると思います。完璧な英語が話せるようになるまで、外国人と話す機会を持とうとしない傾向があるように思います。

 

そして間違えたら恥ずかしいという気持ちが強すぎる気がします。恥ずかしい思いや間違えた数、失敗をした数だけうまくなることに気がついていない人がとても多いと思います。

 

間違えることを恐れずに、積極的に話していく方がスピーキングは上達します。僕は初心者の頃から積極的に外国人と話す機会を持つようにしたことで、片言でも英語が通じる感動を感じながらモチベーションを維持することが出来ました。

 

まずは是非ネイティブキャンプ 【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】 などのオンライン英会話の無料体験レッスンを積極的に利用してみると良いと思います。

 

色々探すといくつかは無料体験が出来るので片っ端から無料レッスン受けるだけでも勉強になりますよ。

 

僕が特にオススメしたいのはこちら↓↓ 

ネイティブキャンプ

【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】

 

だまされたと思って無料レッスンを体験してみて下さい。僕も最初は半信半疑だったのですが、最新のテクノロジーの恩恵を受けない手はないなと思うようになりました。

 

会話を習う上でのポイントは通いっぱなしではなく、自分で短い英語のフレーズを覚えたり、ある程度自習をしながらレッスンなどの話す場に臨むようにして下さいね。そうしないとあまり効果は得られないと思います。

 

よく見ていてもったいないなぁと思うのが、なんとなくただ英語のレッスンを受けているだけになってしまっている人達です。これでは英語はなかなか上達しません。常にインプットとアウトプットのバランスを大事にするようにするといいと思います。

 

英語を好きになるためにやった方がいいこと 3:好きなことを英語でやる

 

学生の頃、教科書や英検など試験用の問題集だけで勉強していた時は、伸び悩んでいたことがありました。

 

そんな時にアメリカの映画や俳優のインタビュー、著名人の演説など、触れたことがなかった種類の英語に接して色々な英語に少しずつ慣れた頃に村上春樹の「ノルウェイの森」を英語で読むことにしました。当時の大ベストセラー作品で、すでに日本語で読んであらすじも全て理解している状態でした。

 

 

 

 一冊の本を全て英語で読んだことがなかったので相当な覚悟が必要でしたが、好きな本だったので夢中になれました。おかげで途中で挫折せずに最後まで読み切ることができました。

 

始めは辞書を使いながら結構大変でしたが、最後まで読み切ると達成感と充実感がありました。その後も何度か繰り返しこの2冊を読み続けた後TOEICを受けたらなんと800点台を取ることが出来ました。

 

この時はあまりに「ノルウェイの森」にハマり過ぎて問題集を使った勉強はほとんどしていませんでしたが、きちんと理解した好きな本を多読することによって、リーディング力が飛躍的に身につきTOEICの点数も上がりました。

 

特にTOEICはリーディングセクションを最後まで解き終わるのが難しいほど問題の量が多いので、速読力が問われます。好きな英語の本でリーディング力を上げるのは、とても有効な勉強法だと思います。

 

このように、リーディングのみならずスピーキングやライティング、リスニングに関しても自分の好きなことを英語でやってみるようにすると上達が早くなると思います。

 

まとめ

 

英語の勉強法は無限にあります。特に初心者であれば迷ってしまうのは当然だと思います。僕も最初は試行錯誤の連続でした。でも一番いいのは、自分に合った教材や内容のものを見つけることだと思います。勉強する内容が自分に合わないと苦痛で続かないですからね。

 

英語力は英語に触れる習慣が途切れると、途端にどんどん下がっていきます。留学の経験がある人でも日本に戻ってから英語を使わなくなったら留学していた頃よりはスムーズに話せなくなっていきます。

 

英検やTOEICの勉強だけをして目標達成した後は勉強をやめてしまう人も多いですよね。せっかく身につけた英語力を失ってしまうのは、とてももったいないことだと思います。

英語を日常生活に取り入れ、習慣づけるためにも、是非楽しくできる英語勉強法を取り入れるようにしてみるといいと思いますよ。

 

この記事を読んだ方に人気の記事

www.blogblog.life

www.blogblog.life

www.blogblog.life

www.blogblog.life

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。