No English No Life

Written by Gaku Hanabusa

外銀で18年勤務した僕がオススメする英会話が上達するトレーニング
英語学習に関する基本的な考え方
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【TOEIC980点ホルダーが伝授する】初心者がTOEIC 600点を1ヶ月で取る勉強法

皆さんこんにちは、gAKUです。

 

今回は英語学習初心者でも1ヶ月の勉強でTOEIC 600点を取る勉強法をお伝えします。

 

TOEIC学習者が1ヶ月で600点を取るために必要なことは中学と高校で習った英単語と英文法の基礎を復習して、TOEICのテスト形式に慣れることです。手当たり次第に問題集や参考書に取り組んでも効率よくスコアは伸びません。この記事ではTOEIC学習の初心者がどのような手順で何をどのように勉強すれば1ヶ月という短期間で600点以上取れるのかをお伝えします。

 

限りある時間を効率よく使ってスコアを伸ばすことが可能となるので是非この手法で目標のスコアをクリアして下さい。

 

【目次】

 

1 TOEIC600点のレベルは?

 TOIEC 600点レベルは中堅の大学の入試の英語レベルと同じくらいです。英語の筆記試験で一般入試を合格した人のレベルだと思って下さい。高校で学ぶ英文法・英文読解の内容を一通り理解し、かつリスニングもそれなりにできるという英語力と言えるでしょう。

 

990点満点のTOEICの試験はリスニングパートとリーディングパートに分かれていて、それぞれ495点満点の配点となっています。大学入試の英語と比べると、リスニングパートの量がとても多いので、リスニング力強化が求められます。またリーディングの内容は海外での日常生活を想定したものなので、ある程度馴染みがないと難しく感じるかも知れません。

 

2 企業や社会での評価は?

 TOEIC 600点は英語を使って業務ができる最低限のレベルと考えられています。逆に言うと600点未満のスコアだと英語に携わる仕事がしたいと思っても話になりません。TOEIC600点レベルの英語力があれば、ある程度基礎的な英単語と英文法を知っていて、簡単な英文なら読んだり書けたりするでしょう。また簡単な会話やゆっくりしゃべる言葉であれば会話ができるでしょう。就職の際に履歴書の資格欄に書ける最低レベルがTOEIC600点です。

 

ちなみに日本人の大学生のTOEICの平均点は450点前後と言われています。TOEIC受験者の平均点が550〜600点なのでちょっと残念な結果ですよね。平均的な日本の大学生は英語が満足に使えないということになります。 

 

英語を習うにもオンライン英会話やフィリピン語学留学、ワーキングホリデー、英語圏の国への語学留学などをしてもTOEIC 600点ないとそのサービスを十分に活用することが出来ないので、まずはこのレベルに到達するまでは独学で頑張りましょう。

 

それではその独学方法を順を追ってお伝えします。

 

3 TOEIC 600点に必要な勉強法

 まずは言語を構成している核となる部分の基礎をきちんと固めましょう。言語を構成している核は単語と文法です。そして皆さんはTOEICのスコアを伸ばすことが目標なわけですからTOEICの試験用に出版された単語帳と文法書を選ぶ必要があります。

これは効率よくテストのスコアを上げることに一番大事なことなので、しっかり守って下さいね。

 

3.1TOEICの単語帳

TOEICで最も人気の単語帳といえば、「金フレ」「銀フレ」です。