No English No Life

Written by Gaku Hanabusa

外銀で18年勤務した僕がオススメする英会話が上達するトレーニング
英語学習に関する基本的な考え方
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

終身雇用制度崩壊後は楽しい仕事しか残らない?

 

f:id:gakuhan:20190701190725j:plain


皆さんこんにちは、gAKUです。

 

先日、豊田社長が「終身雇用を維持するのが難しい」と発言したことがいまだに注目を浴びています。

 

日本は世界的にも雇用者をクビにすることがとても難しい状況にあり、厳格な法律で守られているはずです。でもその法律も徐々に緩和されてきているということなのだと思います。

 

個人的に終身雇用制度が無くなることなど当たり前だと思います。むしろ今頃になってようやくそうなったかといった感じです。

 

今後日本も含めて雇用が激減するのは間違いありません。トヨタ自動車は今、最高益を叩き出している時期です。ここを頂点に崩壊が始まるのかも知れません。もしかしたら豊田社長はそれを予見しているのかも知れません。

 

もちろん創業家の社長ですし、そんなこと世界一望んでいるわけがありません。しかし近い将来確実に来るであろう自動運転の時代を意識せざるを得ないでしょう。

 

自動運転車が主流になったら車は売れなくなります。我々の多くは車を所有する必要がなくなります。車がずっと道路を走りっぱなしの状態になるので駐車場がいらなくなります。そして実際に稼働している車の数は現在の1/10くらいになるといわれています。

 

しかもそれらの車は電気自動車になるわけです。電気自動車の特徴は部品の数がガソリン車に比べて圧倒的に少ないことです。極端な話ですがイメージ的にバッテリー、コンピューター、車体があればほぼ完成です。それにインホイールモーターという車輪とモーターが一体になったようなものを車体につければ出来上がりです。あくまでもイメージをしやすくするためにかなり大雑把に説明しましたけど、そのような感じです。

 

一方でガソリン車はとても複雑です。エンジンだけでもものすごい数の部品が必要ですよね。そしてギアボックスがあり、その中にエンジンの回転をスピードに変えるギアがあります。そしてシャフトがあり、左右の回転差があるのでディファレンシャルがあります。

 

全ては説明しきれませんが、このように電気自動車とガソリン車とではかなりの違いがり、数多くの複雑な部品はほとんどいらなくなるわけです。

 

車は劇的に変わるわけです。

 

そうなるとトヨタが自動車を作る必要性がなくなります。

 

バッテリー作る会社、インホイールモーター作る会社、それらを組み立てる会社が数社あれば電気自動車が出来てしまうわけです。

 

今のような下請け、孫請けの会社が傘下に沢山あるような構造が一気に変わってしまうのです。

 

おそらくトヨタはウーバーみたいな会社になるのか、どんな変貌を遂げるのかわかりませんが、大きく舵を切る必要があるのでしょう。

 

期間工のような労働者の数は明らかに減らされて、働く人の数は1/10くらいになるでしょう。終身雇用制度を維持するのが難しいどころの話ではないのだと思います。

 

このように今後は企業が雇用を守るなどという概念自体無くなるのだと思います。今働いている人の大半はいらなくなる世の中になるのだと思います。

 

例えば、バッテリーやインホイールモーターや、コンピューターは買えるようになると、小さな会社がそれを組み立てるようになるでしょう。このような自動車メーカーが出来てトヨタより安くいいサービスをつけて電気自動車を売るようになったらトヨタは勝ち目がなくなって衰退していくことでしょう。大きな会社はこうなってしまうとかなりピンチだと思います。

 

スマートフォンとシェアエコノミーが主流になってきている世の中で、1つの会社に命を賭ける生き方がとても危うくなってきているのです。キャリアのポートフォリオを組むことを考えないで人生を送ることがいかにリスキーかということを理解しておいたほうがいいと思います。

 

そして今後組織で働くということはどんどん嫌な仕事をする機会が増えるのだと思います。自分が望んでいた職場に着くことなど期待することはできません。損保ジャパンのリストラもよくニュースを読むと介護職に配置換えとあります。早期退職を断ったりすれば、多くの社員が望まないような本業とは関係のない部署などに飛ばされてしまうのです。

 

そんな世の中を快適に生きるためには嫌なことを辞めることです。無理をしないで働くことです。無理のない人生を探すわけです。個人で稼げるスキルを身につけ自分の時間で自分のペースで仕事をするといいと思います。

 

それにはまずは自分の軸を決めて、自分が勝負できるスキルを身につけて、人には真似できないモノやサービスを世の中に提供することだと思います。

 

だからこそ英語のスキルなどを身につけることをオススメしたいのです。

 

世の中の価値観は今後劇的に変わります。それに合わせて変化することが幸せな人生設計と言えるでしょう。世間の価値観に合わせることが一番不安定なのです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。