No English No Life

Written by Gaku Hanabusa

外銀で18年勤務した僕がオススメする英会話が上達するトレーニング
英語学習に関する基本的な考え方
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【英学と英語を学ぼう】中1英語 Lesson 4 「代名詞」

皆さんこんにちは、英学です。

f:id:gakuhan:20200211094356j:plain

【英学と英語を学ぼう】中1英語

 

今回はLesson 4「代名詞」です。

 

 

「代名詞」とは?

 

「代名詞」は、名詞の一種で、文の中ですでに出たきたものを再び表現する名詞

 英語の文は、一度出てきた名詞を何度も繰り返し使わないようにして、2度目以降は代名詞を使って表現することが一般的です。

「彼は」「彼らは」など (主格)

 

文の中で頻繁に出てくる代名詞=「you」「he/she」「they」「this」など。

 

You live in Osaka.

あなたは大阪に住んでいます。

 

He likes music.

彼は音楽が好きです。

 

She plays the piano.

彼女はピアノを弾きます。

 

They sing a song.

彼らは歌を歌います。

 

This is my house.

これは私の家です。

 

「I」「you」「he」「she」「it」「we」「you」「they」=主語

 

「彼女の」「私たちの」など(所有格)

 

This is my dog.

これは私の犬です。

 

He is her brother.

彼は彼女の弟です。

 

They are our children.

彼らは私たちの子供です。

 

具体的に「誰々の」と言いたい場合は、名前の後ろにアポストロフィ+「s」をつける「’s」。

 

This car is Gaku's car.

これはガクの車です。

 

「my」「your」「his」「her」「its」「our」「your」「their」=名詞の前に置く

 

「私を」「彼を」など (目的格)

 

Please call me Gaku.

私をガクと呼んで下さい。

 

I look at him.

私は彼を見ます

 

「me」「you」「him」「her」「it」「us」「you」「them」=動詞の後、前置詞の後に置く

 

「あなたのもの」「私たちのもの」など(所有代名詞)

 

This flower is yours.

この花はあなたのものです。

 

The red car is ours.

その赤い車は私たちのものです。

 

「mine」「yours」「his」「hers」「ours」「yours」「theirs」=Be動詞の後にくることが多い。

 

代名詞のまとめ

 

「〜は」主語、「〜の」所有格、「〜を」目的格と、「〜のもの」所有代名詞はそれぞれ主語の種類(単数か複数か、男性か女性かなど)によって変わる。

 

英語では一度文の中で出てきた名詞を何度も繰り返し使うのはくどくなるので、2度目以降は代名詞を使って表現する。

 

人称代名詞と所有代名詞の区別の仕方

 

主語

(〜は)

所有格

(〜の)

目的格

(〜を)

所有代名詞

(〜のもの)

1人称単数

I

my

me

mine

2人称単数

you

your

you

yours

3人称単数(男)

he

his

him

his

3人称単数(女)

she

her

her

hers

3人称単数(物)

it

its

it

なし

1人称複数

we

our

us

ours

2人称複数

you

your

you

yours

3人称複数

they

their

them

theirs

人物名(例)

Gaku

Gaku’s

Gaku

Gaku’s

 

今回はここまで。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事:

www.blogblog.life